トップページ


  〒 390-0221   松本市里山辺 2930-1(松本市教育文化センター内)
    TEL 0263-32-4751  FAX 0263-32-4773   
   E-mail:   mkyoiku@po.mcci.or.jp

     旧ホームページはこちらに      

      

 

メニュー

教育会からのお知らせ教育会長あいさつ歴代教育会長あいさつ教育会のあゆみ教育会年間計画学校めぐり同好会委員会学力向上松本市小中学校花壇

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

カウンタ

COUNTER58728

開智小学校

平成21年2月20日 松本市教育会報 265号より

松本市立 開智小学校


135年の重みを感じつつ

 本校は、明治6年に開校して以来、学制改革での改名や統合を経ながら、今年度で通算して135年の歴史を重ねるに至っています。校訓(学校目標)を「愛・正・剛」とおき、明治31年制定以来の校歌とともに110年の間受け継ぎ、その精神を求め続けています。学校正面の ロータリーには、校章のモデルとなっている黒松があり、シンボル的な8角の塔の校舎と旧開智学校を望むここ からの眺めは今までの歴史をそのまま見通しているかのような感じにさせられます。南校舎の庭には、昭和天 皇お手植えの「イブキ」や、二宮尊徳の石像など歴史を感じさせるものが残っており、一年生の遊び場ともなっ ております。南側の中庭には、校訓「愛・正・剛」の石碑と「ひょうたん池」があり、一年間を通して二年生中心の水遊びの場になっています。北の中庭は、メイン花壇と各学年園及び理科園となっており、花だけではなく、稲や野菜の栽培もしています。春から秋まで緑の絶えない場所です。

  今年からですが、旧開智学校との関わりを深めたいと いうことで、5年生の有志と職員が参加して明治の授業 体験を行いました。明治当時の松本についてや唱歌の学習、独楽回し・お手玉・綾取り等、体を通しての授業を公開し、観光客からも好評でした。現在と明治時代が一 瞬つながったような錯覚を覚える時間でした。歴史の重みをかみしめつつ、一層の充実と発展を目指したいと思います。

                     

八角塔の校舎と旧開智学校


校訓「愛・正・剛」


春から秋まで緑の絶えない中庭


明治の授業を体験しよう(旧開智学校にて)