トップページ


  〒 390-0221   松本市里山辺 2930-1(松本市教育文化センター内)
    TEL 0263-32-4751  FAX 0263-32-4773   
   E-mail:   mkyoiku@po.mcci.or.jp

     旧ホームページはこちらに      

      

 

メニュー

教育会からのお知らせ教育会長あいさつ歴代教育会長あいさつ教育会のあゆみ教育会年間計画学校めぐり同好会委員会学力向上松本市小中学校花壇

お知らせ

 

 

カウンタ

COUNTER74018

お知らせ

平成18年3月1日 松本市教育会報 250号より

松本市立 旭町中学校


 

 旭町中学校1学年では、他を思いやる、人に共感できるということを目指して福祉ボランティア学習を行っています。
 まずは、どんなゴミがどの地域に多いのかを調べながらのゴミ拾い活動。アルミ缶から車のタイヤ、テレビまでありとあらゆるものがありました。ゴミの多さに憤りを感じたり、清掃活動の大変さを実感したりしました。
 「たくさんのゴミを拾えてよかったけど、そのゴミの数ほど捨てる人がいるんだなあ。捨てないでほしいなあ。」「いつも道がきれいなのは誰かが片付けていてくれるからなんだ。」
 次に、社協ボランティアセンターの方々に協力していただきながら行った車椅子・高齢者・アイマスクの3つの体験。車椅子ではたった5センチのマットの段差でも上れないこと、高齢者のように視界が狭くなり手が思うように動かないと紙ひこうきを作るのも困難なこと、目が見えないという恐怖感。知識だけでは分からないことを肌で感じとりました。
 「何をやるのも一人では大変だった。介助するのも大変だった。町の中やいろいろな場面で私たちにもできることを学んだので、できる限り手伝いたい。」「歩いていてすごく不安だった。でもペアの人が声をかけてくれて安心できた。視覚障害者の人に限らず声をかけて、安心してもらいたいと思った。」
 『人の身になって考え、人の役に立つことを実践してほしい』そんな願いを持ち、来年度は夏休み中のボランティア活動、職場体験学習に広げていきたいと考えています。