トップページ


  〒 390-0221   松本市里山辺 2930-1(松本市教育文化センター内)
    TEL 0263-32-4751  FAX 0263-32-4773   
   E-mail:   mkyoiku@po.mcci.or.jp

     旧ホームページはこちらに      

      

 

メニュー

教育会からのお知らせ教育会長あいさつ歴代教育会長あいさつ教育会のあゆみ教育会年間計画学校めぐり同好会委員会学力向上松本市小中学校花壇

お知らせ

 

 

カウンタ

COUNTER74465

お知らせ

平成19年12月20日 松本市教育会報 259号より

鉢盛中学校

 

 鉢盛中学校では、いじめや差別のない学校を目指し、今年度からスペシャルオリンピックス(SO)松本の支援を受け、SO学習に取り組んでいます。具体的にはSO松本代表の中村嘉也氏や名誉理事長の細川佳代子氏をお招きしての授業に加え、松本養護学校寄宿舎や塩尻市の知的障害者適所授産施設の方々とのフロアホッケーによる交流を行っています。
 今年度が二年次となる、文部科学省研究指定校人権教育授業研究会が十一月二日に行われました。当日は塩尻市の授産施設と二年二組とのフロアホッケーによる交流の様子を参観していただきました。五回目の交流となる本時は「お互いが楽しめる交流会にしょう」という学級目標や「自分自身も楽しめる交流会にするにはどうしたらよいか」という課題が据えられていました。生徒達は自分の目標を胸にパートナーに寄り添い、自然体でパスをしたり、笑い合ったりしていました。全員が出場する試合では「がんばれ」「ナイスシュート!」といった声が飛び交い、試合終了後はハイタッチをし合う等、終始温かな雰囲気で時間が流れていました。交流後の振り返りでは「今までで一番楽しかった」という声が多数聞かれました。
 生徒達は、最初からこのような姿だったわけではありません。初対面の時は硬直し、自分のパートナーを見つけるまでに約十分かかってしまう程でした。しかし知的発達障害のある方の純粋さやひたむきさに触れ、またフロアホッケーという共に楽しめるスポーツを通じて汗を流し、喜び合う経験を重ねることで、徐々に打ち解けていったのだと思います。人との関わりによって育っている生徒の姿は、これからの教育に必要なことを物語っているように感じました。
 鉢盛中のSO学習はまだ始まったぼかりです。今後は、より多くの生徒に交流の機会が持てるような教育環境作りに努めていきたいと考えています。