松本市教育館の使用について

                                                     松本市教育会

「松本市教育館」とは、毎年度『松本市行政財産(建物)使用許可書』に、よって許可された「松本市教育文化センター内の〔事務室・会議室5室・倉庫2室・センター共用部分合計321.77平方メートル」をいいます.教育文化センターが教育館ではありません。

T.教育館会議室使用の申し込み
(1) 使用者は、使用の10日前までに電話で事務局に申込み、会議室の予約をする。
(2) 予約ができたら、「開催通知」を事務局へ送付する。開催通知を以って「会議室使用申し込み書」とみなす。
(3) 教育館の会議室は、次の人数までの使用申し込みができる。
  201号室(50人) 202号室〈12人) 203号室(12人) 204号室(12人) 205号室(12人)
 他にセンターの会議室 200号室(18人) 206号室(70人)が使用できる。
(4) センターの会議室を使う場合はは、センターヘ申し込み、「使用許可」を受け使用料を払う。ただし、教育会の事務室へ申し込めば、事務局が「使用料減免申請書」「使用許可申請」の手続を代行することができる。

U.使用時間
(1)会議室の使用は「松本市教育文化センター条例」の規定による.
(2)使用時間は、条例第6条の規定により次のようになる.
 ・月曜日     午前(9:00〜12:30) 午後く13:00〜17:00)
 ・火〜金曜日  午前(9:00〜12:30) 午後(13:00〜17:00))  夜間(17:30〜21:30)
 ・土・日曜日   教育文化センターは開館しているので使用できる。
     ☆但し、土・日・夜間の使用の場合は、事前に事務局へ申込んである場合に限る。

V.会議室使用上の留意事項
(1)会議の責任者(主催者)は、当日、使用前に事務局へ寄り旅費を受け取りください。
(2)火気の始末について
  @喫煙場所は、1階乗のロビー右奥です。これ以外の場所では喫煙禁止です。
  A湯茶を必要とする場合は、湯沸室備付けの教育会備品(茶碗・ポット・急須)を使用する.
                                    (使用後,給湯機のスイッチは切らない)
  B夏季の冷房、冬季の暖房を使用した場合は、会議終了後スイッチを切る。
  Cロス内換気のスイッチを入れた場合は、退室時に切って出る。
(3)電灯の始末について
  @電気の節電に努め、会議終了後は室内灯を全部消して退室する。
(4)備品の始末について
@ 使用後の茶道具は、湯沸室で洗い、水切り籠こ伏せておく。ポットは、湯を払い、流しの下の棚に収める。
A 机・椅子は所定の位置に戻し、整理整頓する。
B 黒板を使用した場合は、きれいに拭き、黒板消しの粉を払っておく。

(5)戸締まりその他について
@ 会議の責任者は、退室時に窓・入ロのドアの戸締まりを確認する。
    但し、カーテンは西日のあたる部分を除き、閉めない。
A 館内に泥などを持ち込まないよう、入館時にマットで靴の土をよく払う。雨天時の傘などにも留意する。
B 教文センター事務室と里山辺出張所事務室へは、電話・伝言・文書・荷物等の依頼をしない。特に消耗品やコ ピー等の使用を依頼しない。
 
W.駐車場の使用
(1)駐車場を使用する場合は、センター南、里山辺体育館北の所定の位置に整然と駐車する。
  (枠外へは駐車 しない)
(2)センターの西側及び北側へは、鮭車しない。
(3)駐車場の混み合うことが予想される時は、駐車案内係をだして整理にあたっていただく。

X.電話及びFAX・コピーの使用
(1)教育会会議、学校関係等のための使用については、料金不要とします。
   但し、私用の場合は料金を申し受ける。

Y.会議室過室時の留意事項
(1)教育会関係の会議の場合は、5時までに旅費の領収書並びに欠席者の旅費を事務局へ返納する.
(2)責任者は、部屋・備品の異状の確認をしたのち、事務局へ「異状の確認の報告」をする.
(3)事務局が閉まってからの退室になる場合は「会議室使用報告書」をセンター事務室へ提出する。
   (事務局の開局は午後5時)
教育会館は、教育会員が使うだけでなく、教育文化センターの施設として多くの方々が利用されます。お互いに気持よく使えるようご協力ください。